恋人ができない人の3種類のお口の災い!?

喋る内容が下ネタばかりの人!

喋る内容が下ネタばかりの人は、恋人ができない人ではないでしょうか。

適度に下ネタを混ぜることは、場の空気を和ませますが、不必要に下ネタばかりを口にしてしまう人は、かなり注意するべきでしょう。

その場で直接言わなくても影で気持ち悪いと言われているかもしれません。

また実は、下ネタは女性に嫌われるだけでなく男性にも嫌われます。

とても親しい人であれば構いませんが、普段関わりのない人の前で下ネタを喋れば、一瞬で嫌われてしまうことも珍しくありません

恋人どころか友人としても付き合いたくないと思われかねませんので、基本的に下ネタは喋らない方が吉でしょう。

そもそも下ネタが好きな人は少ないですよね。

つまり、笑える許容の範疇に抑えられる自信のない人は、下ネタは封印した方がいいかもしれません。

少なからずとも、下ネタが大好きという人は、滅多に存在しないことを覚えておいてくださいね。

嘘ばかりついている人!

喋ること自体はコミュニケーションに最も必要で、本来であれば恋人の作れる人はよく喋る人でしょう。

しかし、喋る内容が嘘ばかりの人は、恋人ができない人になりますね。

恋人にしても嘘ばかり言うのではないか、そう心配するわけです。

そもそも嘘をつく人は、人として信用されません。

信用できない人を恋人にしたい、という人はいないでしょう。

恋人になれば浮気をしていないだろうか、といった心配事を必ず抱きます。

そういったときに、嘘ばかりついている人は、たとえ浮気をしていなくても信用できませんので、うまく付き合っていくことが難しい、ひいてはそもそも恋人にしない方がいいだろうという結論に至ってしまうのです。

つまり、嘘ばかりつく人は、恋人の対象にすらなれないわけですね。

もしも、嘘ばかりついている心当たりのある人は、いますぐやめた方がいいでしょう。

逆に嘘をつくことさえやめれば、簡単に恋人ができるのではないでしょうか。

秘密を喋ってしまう人!

恋人にするということは、少なからずとも幾つか秘密を共有することになります。

自分たちのことはもちろん、家族や友人やお金といった風に、共有する秘密を挙げればキリがないでしょう。

つまり、恋人にしたい相手は秘密をきちんと守れる人ということになりますね。

一方、他人の秘密を平気で喋っていたり話のタネにしている人はどう思われるでしょう。

誰がどう考えても秘密を守れないお喋りな人だと思うでしょう。

たとえ、その秘密を一度しか喋ったことがなくても、すべての秘密を喋る人と思われてしまいます。

結果、この人は秘密を喋る人だから恋人にはできない、という烙印を押されてしまうわけですね。

自分の立場になって考えてみてください。

その人のことを信用して秘密を喋ったのに、誰かにバラされたらどう思うでしょう。

信用を裏切られた、としか思わないはずですし、この人とは深い付き合いはできないと考えるはずです。

深い付き合いができない人ということは、当然、恋人の対象にできない人ということになりますね。

今まで秘密を喋ってしまっていた人は、今すぐ気を付けるようにしましょう。

下手をすれば、一生恋人ができない人になりかねません。

また、恋人だけでなく人としても秘密を喋ることは悪いことですから、なんにせよ黙っておくことを心掛けるべきですね。

恋人ができない人の3種類のお口の災いはいかがだったでしょう。

多かれ少なかれ、心当たりのあった人も居たのではないでしょうか。

喋ることは大事なことですが、喋っても良いことと悪いことは区別しておく必要がありますね。

喋ってコミュニケーションを取っているつもりが、他人と疎遠になってしまうお喋りでは意味がありません。

もう一度、自分の普段の言動を省みてはいかがでしょうか。

恋人のできない人は三種類のタイプに分けられる!?

この3タイプに当てはまっていたら要注意!

恋人ができない人はもしかしたら3タイプにわかれるかもしれません。下記の3タイプに当てはまっていたら要注意です。下記にまとめているので参考にして下さい!

自分の時間を優先する人!

恋人のできない人は、自分の時間を優先する傾向がありますね。

恋人になる為には、友人関係や楽しい時間を過ごした人が中心になるはずです。
でも、遊びに行こうや飲みに行こうと誘っても、その日は自分の趣味の都合があるとか忙しいかもしれない、といった回答ばかりの人は、一緒に楽しい時間を過ごす前に興味を失ってしまいますよね。

そういう人は恋人の対象どころか友人の対象にすらなりません。

自分の時間を優先することも大事ですが、まずは他人とのコミュニケーションの時間を大切にすることで、恋人ができる可能性が広がるでしょう。

会話の内容が偉そうな人!

会話の内容が常に上から目線の人は、恋人が出来辛いでしょう。

折角楽しい時間を過ごそうとしても、唐突にうんちくを話し始めたり、知らないことを素直に知らないと言えば小馬鹿にしたような返事をする人は、恋人にしたいとは誰も思わないでしょう。

たしかに頭が良くて多くのことを語りたくなる気持ちは理解できますが、もしも自分が言われている立場だと考えてみれば、どういった気持ちになるか今一度考えてみるべきでしょう。

それから最も注意するべきことは、一緒に外食した際に店員さんに対して偉そうな口調で話す人もかなり嫌われますね。高満な態度で自分は強い気になってカッコをつけてるつもりかもしれませんが、逆に恥ずかしくなってしまいますから、やめて欲しいですね。

面倒臭いが口癖の人!

人間の口癖は良いことと悪いことの両方があります。

その中でも特に面倒臭いという言葉が口癖になっている人を結構見かけますが、こういった人は恋人の対象外に分類されます。多分、口癖になっている人はそこまで面倒臭いとは思っていないのでしょうが、言われた立場はたまったものではありません。

それにもしも興味を持ってくれていたとしても、面倒臭いという返事をすれば、二度と誘ってくることはないでしょう。というのも、面倒臭いという言葉は断りの意味と同様に取られ、この人は私に興味を持ってないと思われます。

なんの気なしに面倒臭いが口癖になっている人は、今すぐその口癖を直すように注意するべきでしょう。

このように、恋人のできない人は、顔や容姿よりも態度に問題があることが多いですね。つまり、自分自身の態度や言動を改めることによって、恋人を作ることは難しくないのです。

是非、恋人が作れるように頑張ってくださいね。

あなたは大丈夫?恋人ができない人の3つの特徴!!

当てはまっていたら要注意!

恋人ができない人の特徴を簡単にまとました!!当てはまっていたら要注意です!!では紹介します。

自分の話ばかりする「聞き下手」

「恋人がなかなかできないけど、自分ではその原因がわからない」という人が少なくありません。ここでは、恋人ができない人がなかなか自覚しにくい3つの特徴、3つのタイプを紹介します。

最初は、聞き下手ということ。「話し上手は聞き上手」という言葉を聞いたことはありませんか? 本当に話のうまい人は、相手の話を聞くのも上手なものです。言葉のキャッチボールをするのが、コミュニケーションなのですから。

ところが、恋人のできない人には、それとは逆に、自分の話ばかりして、相手の話を聞こうとしないというタイプが少なくありません。

自己主張が強く、「とにかく自分のことを話したい」というタイプの人は、相手から「自己中で話したくない相手」と思われてしまいます。

恋愛は良好なコミュニケーションからスタートするのですから、そういう印象を相手に与えた時点で、その相手と恋愛関係になることは、ほぼ不可能と考えていいでしょう。

さらに、こういうタイプの人はどうしても自慢話が多くなります。自慢話というのは、聞かされて楽しいものではありませんから、相手が恋愛感情が抱く可能性は極めて小さくなります。

理想が高すぎて、相手のマイナスポイントばかりをチェックしてしまう

恋愛対象についての理想が高すぎるのも、恋人のできない人の1つのタイプです。「すぐ身近に、実は素敵な恋愛対象候補がいるにも関わらず、その人のマイナスポイントばかりに目が行って、恋愛対象とみなさない」というケースですね。

こういう人は友達や知人から異性を紹介されても、「ここが嫌。あそこがだめ」という評価をしてしまいがちです。

なぜ、そのような心理を抱くのか。その原因は自己評価の高さです。自分に対する評価が高いために、「こんなレベルでは、自分に似合わない」という判定をしてしまうのです。

厄介なのは、その自己評価の高さに自分では気づいていないということ。無自覚なために、改善されることがむずかしいわけですね。

友達が多く、友達との時間が楽しくてしかたない

友達が多ければ多いほど、異性と出会うチャンスは多くなります。ですから、本来、友達の数と恋愛のチャンスは比例するものなのですが、「人生で一番大切なのは、友達。友達といっしょの時間が楽しくてしょうがない」という人は、恋人ができにくいという共通点があるのです。

こういうタイプの人は、友達からの評価も高く、「なんで恋人ができないんだろう」と思われがちです。けれど、友達との時間が楽しくて仕方がないと思っている本人は、恋愛よりも友達を優先してしまうため、どうしても恋人ができにくくなってしまうのです。

恋愛を楽しむためには友達との時間を犠牲にする必要がありますが、こういうタイプの人はその逆で、友達との関係を優先するあまり、知らず知らず恋愛を犠牲にしていると考えていいでしょう。

まとめ

恋人がいない人には特徴があります。相手に原因があるわけではなくてあなたに原因がある可能性が非常に高いです。しっかりと受け止めて恋人を見つける為に努力しましょう!!

夫婦は他人の始まり!つまり恋人も他人始まりです!

恋愛は難しい!

恋愛はあなたが思っているよりかも本当に難しいです。夫婦のような関係になりたいと思って付き合っても思っているようにいかなくて別れたりする事もあると思います。ここでは、夫婦は他人の始まり。って言葉があるように、恋人も他人の始まりという事を理解してもらいたいと思っています。

相手の事を知る難しさ!

恋愛というものは、始まると舞い上がってしまうもの。「この人こそ、自分の運命の人だ!」と、熱に浮かされたようになった経験は誰しもあるはず。それはとても大事で、特別で素敵なことだと思います。

しかし、まず一歩思いとどまってください。その人とは出会ってどのくらいでしょうか?出会ってから、付き合い始めるまでどのくらいかかりましたか?敢えて言葉を選ばずに言いますが、あなたはお相手の何をわかっているんでしょうか?

あなたのご両親を思い浮かべてください。あまり夫婦仲がよくない、長年連れ添ったからこそのあうんの呼吸…いろいろな夫婦の形があると思います。どんなにお相手のことが好きでも、結局、その人は他人なのです。

何十年も、違ったルールの元で成長し、独自の価値観、思い、性格、人格を持っています。「あの人は、自分のすべてをわかってくれる」とよく言います。あなたのすべては、そんな短いお付き合いで見えてしまうものなのでしょうか?お相手に、敢えて言っていないことはありませんか?隠している趣味、性癖、人付き合い、過去・・・誰にも言えないこと…それこそ家族さえ知らないことがあるのではないでしょうか?

血の繋がった家族さえもあなたのすべてを知らないのに、ごく短い期間しかあなたと会ったことのない人が、あなたのすべてを知り、受け入れてくれるわけではないことをまず念頭におきましょう。これは決して悪いことではありません。一人でテンションを高めるのではなく、相手がひとりの人格であることを理解し、尊重することこそ、大好きな相手と長くいっしょにいるためには必要なことなのです。

もちろん、愛し合う関係になったからには、同じ考えや価値観を共有できる部分があったことでしょう。それは大事にしましょう。

しかしお付き合いをしていれば、ちょっとした言葉の解釈の違いや、それに伴う食い違いが起こるものです。それにショックを受けたり、悲観的に捉えるのではなく、お互いの違いを楽しみつつ、どうにも摩擦が生まれてしまいそうなところは話し合って解決しましょう。

夫婦は他人の始まり。その夫婦も、もともとはお見合いでであったり、恋愛を経たりと、他人同士の付き合いから始まったのです。相手は私ではない。私も相手ではない。そのことを踏まえて、お互いに尊重し合える関係を作ることを、まず第一に考えてみてください。相手の知らなかった一面を見て、理解することで仲が深まっていく。素敵じゃありませんか。

「これくらいはわかるだろう」はNGです

よく漫画や小説などで、お父さんがお母さんに「ん」と何か言うと、自然とお茶が出てきたり、新聞が手渡されたりという場面があります。

あうんの呼吸というやつです。

これを読んでいる方の仲にも、たとえばご家族の顔を見て「機嫌が悪そうだな」と思ったり「こういう言い方をするときはうれしいときだ」と思ったりする人がいるかもしれません。長い付き合いを経て、相手のパーソナリティを理解し、何を求めているのかを察して動く。とても美しいことだと思います。

しかし冒頭に書いた場面は、あうんの呼吸がピッタリしていれば、とても和やかな描写です。しかしここで、例えばお父さんはお茶がほしかったのに、お母さんが持ってきたのはティッシュ箱…となるとどうでしょうか?ひとつのギャグとしては成立しますが、なんだかんだすべてを察するのは無理だなということの裏返しでもあります。

あなたは、自分のお付き合いしている人の表情や声色、言葉からどれだけのことを読み取れますか?もちろん、すべてを察する必要はないですし、それはどだい無理な話です。逆に考えてみましょう。お相手も、あなたのすべてを察することはできないのです。

筆者にはこんな経験があります。お付き合いしていた女性に振られた際、理由を聞くと「私の考えてることを察してくれない」と言われました。毎日、お互いの仕事が終わった後電話で話しをしていたのですが、筆者が「今日はどうだった?」と聞くと「特になにもない」と返されます。

彼女はこのとき、流すのではなくもう一言「いやいや、何かあったんじゃない?」と聞いてほしかったと言うのです。これについて、男性と女性で意見はかなり違うと思います。しかし、男女関係ではなく、純粋な人間関係で考えてください。「こう言ってほしい」「こう返してくるべき」と勝手に相手の反応を決め付けて会話し、思ったとおりの言葉がなかったからといって相手に失望するのは、あまりにも一方通行ではないでしょうか?こんな考え方では、恋愛だって仕事だって成り立ちません。

男女関係というものに縛られて、人としての基本的な関係の構築を忘れているケースが、あまりにも多いと思うのです。筆者に経験について、女性側に賛同する方にお聞きします。あなたはお相手がほしい言葉を言っていますか?「言っている」という方、それはお相手に確認しましたか?お相手の真意をたしかめもせず、「自分はあの人の望むことをすべて察している」と考えているとしたら、それこそ傲慢な独りよがりだと思います。

「男」「女」ではなく、まず「人間」であるということ

繰り返しますが、夫婦は他人の始まりです。

夫婦になる前の恋人同士はまだ他人が寄り添いあっているだけで、身内ではありません。そして、あなたのお相手が男性であれ女性であれ、まずひとりの「人間」であると認識してください。ある程度は仕方がありませんが、どうか「男らしさ」「女らしさ」にこだわりすぎないでください。男性は、自分の考える「男らしさ」を、女性は、自分の考える「女らしさ」を追求してください。

決して相手に「俺の考える女らしさ」「私の考える男らしさ」を求めてはいけません。「その人らしさ」を尊重してあげてください。もちろん、あなたにも好みというものがあります。妥協できることもあれば、譲れないこともあるでしょう。

それは大事にしていただいてかまいません。しかしこだわりすぎるあまり、目の前の人が悲しむのは残念なことだと思います。ネット上に広がっているコピペ文章には、レディファーストを揶揄したものがあります。ざっくり言うと「レディになる努力をしないのにレディファーストを求めるのは、愚の骨頂」というものです。たしかにそれは正しいと思います。

同時に、男性側も「この女はレディと言えるような女ではないから」と、冷遇するのもおかしな話です。もしかしたら、あなたの態度が悪いからそうしているのかもしれません。男であること、女であることにばかり目を向けていても、どうにもなりません。

目の前にいる人はが男性であれ女性であれ、欧米人でもアフリカ人でも東南アジア人でも日本人でも、違った地域やルールとともに育った、ひとりの人間なのです。それをまず忘れないでください。その上で、この人と思える人との出会いを大事にしてください。鍋に蓋があるように、きっと自分に合う人はどこかにいるでしょう。

しかしあなたは鍋でも、蓋でもありません。鍋ならば合う蓋を作ればいいだけですが、あなたは対話し、気をつけることのできる人間なのです。合う人を探すと同時に、ぜひ相手に合わせること、合わせてもらうことも考えてください。

いくつものすれ違いを乗り越え、対話し、思いやってきた人たちのつながりは強いし、美しいものです。ちょっとしたことに目を向けることで、目の前の人がまたとないパートナーに変わることは充分ありえます。同時に、どうやっても合わない人もいます。それも含めて出会いであり人間です。思いやりを持つことができるあなたに素敵な縁があることを、心からお祈りしています。

最後に

恋愛でも、他人の事を理解する事は本当に難しいと思いますがその事を理解するだけで相手の事を深く理解する事ができるはずです。将来のパートナーを見つける為にもしっかりと相手の事を理解できる部分。できない部分をしっかりと理解しておくと恋愛から結婚までスムーズにいくかもしれません。